• White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

でびる 冬枯れした大戸の山へ

January 11, 2019

隔週のお出かけ版のびるの活動「でびる」。(でかけるのびる、または、でかい子たちののびるの略。決して悪魔的集団ではないっすよ。)

 

この日のでびるは、橋本からバスでお出かけ。

基本的にでびるは、誰もいないところを目指していくことが多く、なんとなれば、人がいなければ、怒られる回数も少なくて済むから。(笑)

 

そんなわけで、今日は、真冬にこんな誰もいないところに来る人はまずいないだろうと思われる、大戸の奥地。

 

バスを降りて目的地を目指し歩いている途中、分かれ道に出ました。

「こっちの道は、山の中を歩いて行く道。こっちの道は、平らな道。どっちの道を行きたい?」

子どもたちに聞いてみると、男子チームが一斉に

「山の道!!」

と答え、えええー、とちょっとうんざりしながらついて行く女子チームと私。(笑)

 今日は、男の子が二人病欠だったので、いつにもまして仲の良い二人。(^-^)

 「もう、坂ばっかりで嫌になるね」「うん」と文句を言いながらも歩く女子たち。わかるー。笑

 男子チームはいつの間にか拾った棒を持って、落ち葉をがさがさしながら走らんばかりの勢いで進んでいくので、若いのんちゃんにお任せ。

 ちょっとした尾根道を歩いて、階段を下りていくと、そこが目的地。

 「今日はここで遊ぶよー!」

 冬枯れした山に囲まれた小さい谷戸。なーんにもありません。

 ベンチにリュックを置いて、さあ遊ぼう!!

時計の下の温度計は、13度。意外とあったかいぞ。

 どうして今日、ここにしたかっていうと、前に下見に来たとき「ガマの穂」がたくさんあったから。

 この、巨大フランクフルトみたいなのがガマの穂なんだけど、この堅そうな見た目から想像できないようなふわふわの綿毛がもこもこ生まれてくるのです。

 ほらね。一つのガマの穂から、こんなにたくさんの綿毛が。 

 ふわふわ飛んでるのが、ガマの穂の綿毛です。

 ひとしきりガマの穂で遊んだら、ご飯を食べて、斜面を転がったり、石垣を登ったり。
遊具が何もないところでも、友達さえいれば遊べる子ども達。
こういうところが、ほんとに野外の遊びをやっててよかったなーと思うところ。

帰りは、お疲れモードだったので、平坦な舗装路を帰ってきたのですが、びっくりしたのは、行きと違う道を戻ってきたのに、目印を覚えていた子が「こっちだよ」と道案内してくれたこと。

「ええええ!?なんでわかるの?」

「だって、さっきこの橋見たじゃん」

 

オトナの私だって、来た道であっても逆にたどると景色が変わってわからないのに(私が極端に方向音痴なだけなのか?)こどもたちすごい!!

 

そして、帰りのバスを待つ間も、ちゃんと座って待っていることができて、こちらもすんばらし―と思いました。子どもの成長ってほんとすごい。

 

くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。

 

 


 

 

不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。
面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。
気合い入れて聞きに来てください。

 


 

 

 

講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。
  

 


 

 

上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now