• White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

ちびっ子探検隊 秋の稲穂を見に行く

September 20, 2018

 今回のちびたんは、私のノスタルジーを満足させに行く企画でした。(^-^)

 

私の実家は愛知県の安城市っていうところにあります。
その中心を外れた、さらに端っこにある町というより村みたいなところで育ったので、幼少期の記憶は、ほぼ田んぼと神社と用水路。
とくに、田んぼの風景は、ほんとに大好きで、高校生くらいになっても、休みの日に一人で歩いて、あちこち田んぼを見に行くくらい好きでした。

 

春の青田。秋の金色の稲穂。
その上を、風が遠く地平線の彼方からわたってくるのが見える。

海のようにうねりながら、しゃらしゃらと音を立てているのが聞こえる。

 

もううっとりしちゃって、何時間でも見ていられるなーと思ったものです。

実際気づくと、空が夕焼けになっていて、朱に染まる稲穂の群れを眺めながら、街灯もないあぜ道を帰途についたことも何度か。

心の原風景が、そのあたりにあるので、ときどき無性に田んぼを見たくなるのですね。

春先のれんげが咲き誇る様子とか。

    

 そんなわけで、今回のちびたんは、相模川の中州の、田んぼのあぜ道で、バッタを取り、猫をじゃらして遊びましょうっていう企画でした。

 行ってみたら、思ったほどバッタはいないし、餌付けされてるはずのにゃんこたちも警戒して寄ってこないしで、今一つだったのですが、まあ、私は満足したから良いのです。(^-^)

 

 

 お散歩スタート。

男子たちは虫取りに燃えていて、バッタはどこだと、探し回る。

 途中の休憩ポイントに鮮やかに咲いていた彼岸花。

きれいな朱色です。

あとから、ちびたんラインで知ったのですが、彼岸花って、茎から出る汁にも注意が必要なのだそうです。毒性があって、かぶれちゃうことがあるんだって。

以下、母ちゃんたちの豆知識。

「彼岸花は、茎や根に毒があるから、もぐらやネズミから田んぼを守るために、畦道に植えるんだよね。きれいだけど、とったらダメ、という意識でした。」

「根に毒があるから、田んぼを守るために植えてるの知ってたけど、茎に毒があるの知らなかったよ。今調べたら、ちょっとなら食べても大丈夫みたいだよー。そして、根っこも水にさらすと毒が抜けて食べられるそうです。飢饉の際の非常食で薬にもなる貴重なものだったみたい。むやみに摘んだり、食べたりしないで飢饉の非常食にそなえてたみたいだよ。

種類によりますが彼岸花20キロ食べたら致死量。20キロって、ムリー

ネット情報なので、自己判断でお願いします(おねがい)」

「20キロ!私たちはもぐらじゃないから大丈夫👌ということねw」

 

知らなかった―。うちの実家のあたりは、ほんとに田んぼしかなかったけど、あぜ道に彼岸花が植えられてるところって見たことなかったよー。
みんな博識で助かります。

 

 

 彼岸花アート炸裂。(笑)すでに剣山扱いされているみやぞう先生のあたま。

 歩けるようになった下の子たちも、花を見たり、虫を見たり。

 「そっち、川やでー、落ちたら危ないでー」と近づかないようにしていた私をあっさり抜き去って、探検に降りて行った人達。
最近、ちびたんに行くと、自分が常識人になったような気がしてうれしい。(笑)
母ちゃんたち、いいぞ、もっとやれやれ―!と思いながら見ております。

 お散歩途中に、木工作品を作っているおじさんに会いました。

 

想像するに、おうちでは音も削りかすも出るので、車を専用の工房に作り替えて、人気のないところを選んで作業場所にされているのでしょう。

 

なにかを作る作業って、とっても面白いよね。子どもも本能的に、ものづくりの現場を見つけるとよっていくような気がします。

 おじさんの作品その1.パンダ。

 その2。フクロウ。今日は木製のバッジを作っていらっしゃいました。

 おじさんの華麗な技をみせていただき、さらに進んで、田んぼのあぜ道のど真ん中でお昼ご飯。
食べている間に雨がぽつぽつ降ってきたので、幼稚園のお迎えがある方々は、ここで解散。
中洲を一周してみたい人たちが残って、さらに歩きました。

 ここから、母ちゃんたちの感想です。

 

★みやぞう大先生

 

また、また、ぢーこのお陰で素敵な場所を知りました。


いつも車から眺めていた田園風景。歩くと景色も違って見えますね。

稲穂が揺れる田んぼ道、たくさんの彼岸花、出会うおじさま方もみんな親切、猫ちゃんにも出会え、雨の散歩楽しかったです。

 

はじめて来た、女の子に息子がちょっかい出して嫌がられてましたwww


帰りの車の中で、「女の子に優しくしたら、お友達になれて楽しいよ」と話したら、「えー、一緒に笑ったからもうお友達だよ」と言われました。

 

子どもに大事な事を教わった帰り道でした。

 ★えりちゃん

 

久々の、ちびたん・インザ・レイン。
と言っても、たまにパラパラ降ってたくらいで、やっぱりですが子供達は雨なんて関係ねぇ!!って感じでしたね〜。笑


バッタや蝶、小さなカエルを夢中で捕獲したり、曼珠沙華を簪にしたり。

花の色の赤も、稲穂の黄金色も、うんうん、これは日本の色彩だなぁとしみじみ感じました。

重そうに垂れ下がった稲穂を見て、実りの秋だねぇ、これはお米、ごはんなんだよ〜と言うと、
すずちゃんが、
なんで?なんで?どうやってお米になるの?と食いついてきました。笑
脱穀とか、うまく説明できなくてごめんね〜笑

 

甘ーい柿の実も、奪い合いして頬張っていましたねー(o^^o)
秋も深まってきて、これからも綺麗な景色や、美味しいものが沢山なんだろうな〜。
子供達も、体いっぱい、五感で感じているのがわかりますね。


今日もたっぷり癒されました。
ありがとうございました😊

 ★ゆきよちゃん

 

初めて参加させていただきました 

 

いつも雨の日は外遊びを断念してしまいますが、みんなと一緒だと楽しいですね♪

曇り空にレインウェアが色とりどりで気持ちも明るくなります 子どもは長靴とか、水たまり大好きですしね☆

 

男の子のたち、娘にいっぱいちょっかい出してくれて&みんなも遊んでくれてありがとう♡

 

娘もすごく楽しんでいました また参加させていただきます ありがとうございました

 ★けいこちゃん

 

雨なのに、何の装備もせず家を飛び出し、一時間に一本しかないバスに乗るためだけに頑張った朝。そして、ちびたんのメンバーから雨グッズを全て借りて、お昼の雨も何の問題もなくしのぎ、そそくさ帰っていきましたとさ(笑)

 

ちびたんはちょいとハード!というイメージある人いるかもですが、今回はすごい楽でした~。

何たって坂道とかないし。


一歳児、とにかくひたすら、すごくたのしそーに歩いてて、見飽きなかった~。

 

 ★ちえちゃん

 

心がザワザワして落ち着かなったのですが、今回のチビ探もとても気持ちがすっきりして帰ってきました。

 

田んぼを見て秋を感じたり、それを見た子どもがお米になるとわかったり、無心になってバッタを捕まえたり、雨が降るか気にするのもなんだかまた良かったです。

 

自然の力と、チビ探に参加している皆さんの温かさだなといつも思います。

 

話してるとついつい笑って笑顔が多くなります。

 

とても楽しいお散歩でした。また次回も楽しみです。

 

くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。

​​

 

 

 

不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。
面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。
気合い入れて聞きに来てください。
​​

 

 

 

 

講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。
  

 

 

 

 

上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now