• White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

愛が伝わる子育てのコツ 初回無事終了

October 9, 2017

いつかやってみたいと思っていた講座がついに開催できましたー。
参加してくださった皆さん、どうもありがとうございます。

初回ということで、完成度は今一つだったかもしれないんですが、おおむね、喜んでいただけたようで安心しています。

 

「愛が伝わる」って大風呂敷を広げてしまったなあと、あとから、すっごい恥ずかしく思っていたのですが、でも、「これって大事な事よね、たぶん、子どもとの関係だけじゃなくて、大人との関係にも使える事だよな」と思い、えいや、と開催しました。

 

講座の内容は、簡単に言うとこんな感じ。

 

①愛が伝わるって、どんな状態かというと、母ちゃんが笑っていて、感情的に怒られない状態

②じゃあ、その状態を作ろうと思ったらどうしたらいい?

③子ども理解、自分理解、そしてやり方を知る、この三つで何とかなるよ

 

二時間かけて、上の三つをお伝えしてきました。

 

 今日は、写真を撮ることをすっかり忘れていて、一枚も会場の様子がないのですが、代わりに講座で使った資料を載せますね。

 

これは、子どもが自分の心の中に「安全領域」を育てていく過程を表したものです。

よわよわな仔羊ちゃんである子どもが、母ちゃんの庇護のもと、心の中に「僕は大丈夫なんだ」という安全領域を育て、自信を深める。

母ちゃんがいなくても、自分で「私の心の中に土足で入って来ないで!(NO!)」と言えるようになることで、自分の安全領域に境界線を打ち立てて、自分の心を自分で守れるようになるまでのお話です。

 

自己主張の強い、イヤイヤ期のお子さんを育てているとうんざりしちゃうかもしれないけれど、この「いやいや」があるから、自分の心の中を守る仕組みが育っていくのだと思うと、イヤイヤ期も愛おしいですよね。

 

私は、イヤイヤ怪獣やジャイアンは、いくらでもこれから穏やかに変わっていくと思えるんだけど、主張のない「なんでもいいですー」の子どもを「これがやりたいんです!」に変えるのはすっごい難易度の高い事ではないかと思っていて、主張のできない子は心から心配になっちゃうんですね。

 

なので、まずは、ノーを言える子どもに育ててほしいなと思って今日の講座を開催しました。

 

いただいた感想を読ませていただいても、「伝わったなあ」と思えるものばかりでしたので、とっても安心しました。

 

抜粋して一部ご紹介します。

 

・今日は濃い時間をありがとうございました。(^-^)
母とは「安心領域であること」という言葉が響きました。
そのためにする行動(自分を満たす、心の女子会をする)が具体的でわかりやすかったです。
最近一歳になったばかりの娘ですが、自己主張が出てきて激しめ(ジャイアンタイプ!!)。NO!!ばかり言ってる状態に、この先が心配でしたが、180°見方が変わりました。
まずは、NO!!と言える安心を与え、恋バナしてもらえる母になりたいと思います。

 

 

・今日もありがとうございました。昨日、上の娘の運動会で、実母が来てヘロヘロしていたところだったので、ちょっとほっとできてよかったです。
「~するべき」を押し付けてくる、押し付けられると感じる人は、私の中で実母なんだなと思った次第です。
自分らしさ、子どもらしさを「それで大丈夫!」と背中を守ってくれる、そんなぢーこさんの近くで子育てできて良かったと改めて思います。
だいたい大丈夫なはずなのに、いつも心配になってしまうんですよね。
他の人に任す、最近忘れていたので、みんなで「任せても大丈夫」な感じを出していきたいなと思います。

 

 

・たとえがとてもわかりやすかったです。ダメと言う事が最近多いので、気を付けていきたいです。
自分の子どもはジャイアンタイプで困っていたのですが、欲求を言える方が良い事と知り、わがまますぎる、もう!とイライラしなくなる気がしました。
教えていただいた、空間、時間、コミュニケーションの調整をしていきたいです。
スモールステップの話も面白かったです。

 

 

 

・今日はありがとうございました。
「言葉を話し始めると、すべて伝わっていると勘違いする」という言葉にどきっとさせられました。
そういえば、まだ二歳。生まれてから二年しかたっていないのに、親の言いたい事や思いだけを、わけのわからない言葉でべらべらとまくし立てられて・・・。なんとひどいことをしていたのかと思います。
わりと気が強い方で、自己主張しまくるタイプの娘なので、「どうしたものか・・・。」と思っていましたが、やっぱり、それでいいんだと少し自信が持てました。
頑張っている自分をしっかりほめつつ、子育てが楽しめるようになりたいです。

 

 

 

・今日はどうもありがとうございました。小学生のお兄ちゃんの対応で学ぶことが多かったです。(◎〇△☓)できるだけ手助けしてあげて、自己肯定感を低めないこと、なるほどと思いました。
こども達、たくさん受け止めたいなと思いました。大きくなっても何でも話せたらうれしいなあと、そんな子育てをしていけたら幸せだなあと思いました。

 

ダイエットの知識はあっても実践しないと痩せないのと同じで、知識は実践してなんぼです。(^-^)

 

どうぞ、ペンギンズののぶお君を参考に、心の中の舎弟を育てて、自分の子育てを、死ぬほど肯定してもらってください。(^-^)

自分が満たされたら、子どもを満たすのなんて、お茶の子さいさいです。ほんとだよ。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now