• ぢーこ

子育ても多肉育ても全部同じ

私の趣味は多肉植物を育てることで、毎年のように新しい多肉さんを迎え入れる上に、ほっといても葉っぱが落ちて増えていくので、けっこうな量になりました。


多肉植物は買ってきたばかりの時はみんな、ころんころんして葉の間が詰まりかわいい姿をしています。こんなかんじ。


これも。みっしり具合がかわいい。

これもちっちゃくてかわいいです。

ところが、買ってきてうちの子になり、植え替えて一年くらいすると、あの可愛かった多肉さんたちはどこへ行ったの?というくらいのジャングルになります。

もっさもさ。

縦にも横にも伸びまくります。


多肉さんを、かわいいまま育てるにはコツがあるらしく、日光に良くあて、水をやりすぎないことが大事なのだそうです。


土が乾いて乾いてもう枯れちゃうんじゃない?ってくらいになってからたっぷりの水を与えます。


大きくしないためには肥料もそんなにあげてはいけない。


見目麗しく育てるためには、こつがあり、手間がかかるんです。


でも、うちの子たちは私の手にかかりこんな感じになってます。






春と秋が成長期だからというのもあるんですが、まあとにかく好き放題伸びまくりです。

寄せ植えの統一感もかわいらしさも無視。

とにかくでかくなってくれたらいい。


だから、肥料も水も日光も、好き放題与えます。

ちっちゃいまま、かわいいままでなくてもいいから。

とにかく、君の望むように大きくなってくれたらいいから。

本当の君はどうなりたいの?

どんなふうに大きくなりたいの?


それが見たい。


だから、彼らはいつもわっさわさ茂りたいだけ茂って、

旺盛な繁殖力でどんどこ増えまくって

毎年きれいな花を咲かせてくれます。


おそらく、プロの多肉屋さんや趣味を極めている人たちからすると

私の多肉道はかなり邪道です。笑


でも、私はそれしかできないし、それが好き。


振り返ると子育てもそうだったなーと思います。

私にはそれしかできなかったし、それが好きだった。

盆栽のように見た目はきれいな観賞用の人間を作りたいとは思わなかった。

だからこれでよかったと思っています。


生きている以上、伸びたいように伸びていくのは子どもも多肉も一緒です。


だから、

「私が〇〇しなかったせいで子どもが××になりました」

なんてのは、勘違いでしかありません。


かあちゃんが何をしようがしまいが、子どもは自分の種の中に最初から全部持ってるのです。

よく食べさせてよく日に当てて、自由に大きくなれるようにしてあげてください。


作りたいと思うものを作るには、職人だって何十年も修行してたくさんの作品を作る機会が必要です。

人間なんて、生涯、せいぜい一人か二人の人間しか作らないんだから、思うとおりに作れないのが当たり前。


だったら、子どもの力を信じよう。

大きくなりたい意思を信じよう。


わさわさ茂って花が咲くまで、楽しみに待ってればいいんだと思います。


#ぢーこつぶやき



くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。


不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。 面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。 気合い入れて聞きに来てください。



講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。



上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!

150回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now