• ぢーこ

谷戸保育のびる六期生・卒会しました

のびるの六期生の卒会式が終わりました。

今年は10人ののびるっ子たちが巣立っていきました。


例年、のびるの卒会式はお餅つきで祝います。

何かしら仕事があったほうが、気がまぎれるかなっていうのと、

最後にみんなでおいしいお餅を食べたいね、という私の趣味です。


が。

今年は、コロナウイルスの影響で、狭い室内で何かするのはちょっと怖いね、ということで

代わりに、母ちゃんたちも一緒にいつものびるで遊んでいた谷戸を歩きました。





スタッフの子どもたちも、早めの春休みになってしまったので、一緒に来ています


谷戸でめいめい、お昼ご飯を食べて、のんびりあそんで、式の始まりを待ちます。

「おーい、はじめるよー!!」

掛け声をかけて、何となくみんな集まってきたら卒会式の始まりです。


いつも、こんな感じで適当に遊んでいました。

行先だけだいたい決めて、でも、たどり着けそうになかったらすぐあきらめて

出来そうなことだけ、楽しくやってきました。


卒会式も同じです。練習もなければ、事前に何をするかも伝えていません。

のびるは今日でおしまいだよ、ってことと、

谷戸でみんなにプレゼントがあるんだよ、ってことだけ朝、話しました。


さあ、いよいよスタート。うまくなんかできなくてもいいし、飽きちゃってもいい。

その子らしくあればよいと思っています。

勢ぞろいしたのびるスタッフ。(↑)

この人たちが、今ののびるを作ってくれています。

雨の日も雪の日も、

わたしが風邪をひいて休んだ日も、のびるっこたちを育んでくれました。

下(↓)は、卒会生の母であるたちこが書いてくれた、私たちスタッフの似顔絵。

そっくり!

のびるの卒会式はとっても簡素です。


子どもたちは名前を呼ばれて前に出てくると、スタッフ全員にハグされて、

最後に卒会記念品をもらってお母さんの元に戻ります。


一人で得意げに出てくる子もいれば、

なぜか逃げ出す子もいれば、

お母さんと一緒ならスタッフのところまで来られる子もいれば、

早めにやってきて長いこと抱っこされている子もいれば、

匍匐前進で上がってくる子もいれば、

恥ずかしくて出てこられない子もいて、

これぞ、のびるだなあと思いました。


どんなこの子たちも大好きでした。

プレゼント、気に入ってもらえたかなあ。

彼らは2歳のわからんちんの「俺が(私が)世界で一番偉い(かっこいい、かわいい)!」という時期にのびるにやってきて

他人とぶつかり合いながら、妥協点を見つけ、なんとかかんとか群れになって

それでもやっぱり喧嘩したり泣いたり怒ったり笑ったりしながら

ずいぶん人間らしくなって、無事に卒会していきました。


スタッフのかずちゃんは、保育士として園で働いていた時、

一番大変そうで受け持ちたくないなあと思っていたのが二歳児クラスだったそうです。笑


その、一番大変な、でも、素のその子が見えるおもしろい時期から、

多少なりとも譲歩や交渉を覚えた人間らしい三歳児になるまでの間、

間近で見せてもらえるのはほんとうに楽しい経験でした。


今年もどうもありがとう。


楽しい一年でした。



くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。


不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。 面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。 気合い入れて聞きに来てください。


講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。



上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!

#おめめどう #自閉症支援 #発達障害支援 #お家でできること

119回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now