• ぢーこ

正解はないってわかってても

風邪で引きこもっているので、録りためたドラマ・アニメのお世話になっている。


先程、「病室で念仏を唱えないでください」の2回目の話を見て、ウーーーーンと考え込んでしまった。


川で溺れて救急搬送されてきた男の子。

仮死状態から自発呼吸は戻ったものの、意識が戻らない。

このままでは植物状態になる、と心配する周りの人たち。


現場にいた同じ歳くらいの男の子が病院にやってきて、救急救命医である主人公に見つかる。


そこで彼が言った話。


「犬の散歩をしていた時に、あいつ(意識が戻らない子)におどかされて、びっくりしてリードを離してしまった。

犬はまだ見つからない。

腹が立って、あいつが大事にしていたお父さんの形見のペンを橋の上から川に投げ捨てた。

あいつは、それを探していて溺れたんだ。

こんなことになるなんて思わなかった。」


うわー。。。


これ、責めるのは簡単。

なんでそんなことしたんだ?!って。


ドラマの中では、溺れた子の意識は奇跡的に戻り、ペンを投げ捨てた友達の罪悪感は、消えたように見えた。


よかったね、なんだけど。


もし、あのまま意識が戻らなかったら?

植物人間として生きていくことになっていたら?


:

:


「誰が悪いのか?」


って見ている限り、


「いくらむかついたからって、父の形見を投げ捨てるってどーよ?」


「いやそれより、まだ見つからない犬の件、どう思ってるのよ?先に手を出した方が悪いに決まってるでしょ?」


というよーな、水掛け論に陥る。


裁判のように量刑を考えるための材料探しをする目で、仕切りたくなる。


たぶん、どこのご家庭でも、兄弟喧嘩を裁く時なんて、こんな感じだろうと思う。


でも、「ふざけて脅かしたら、やり返されてこうなった」


の「こうなった」の部分が想像を超えた大事故になっちゃったってだけで、本質だけを見たらよくある話なのだ。


こんな時、わたしだったら、なんて言うだろう?


わたしがペンを投げ捨てた立場だったら?

わたしが溺れた子だったら?

わたしが溺れた子のお母さんだったら?

わたしが医師の立場だったら?


正解はない。

葛藤を抱えて、答えを探すしかないのだろう。


ただ。

奇跡なんてそうそう起こらない。

奇跡を期待しない生き方をするしかない。

33回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now