• ぢーこ

のびる算数問題(^^)


A.B.C三人の子供がいます。 ①Aは、Bと手を繋ぎたい。私とも繋ぎたい。Cとは繋ぎたくない。 ②Bは、Aと繋ぎたい。私とも繋ぎたい。Cとは繋いでも繋がなくてもどっちでもいい。 ③CはAと繋ぎたい。Bとは繋ぎたくない。私とも繋ぎたい。 さて、三人の希望を叶えるにはどうすれば良いでしょう? なお、私の手は二本しかないものとする。 ----- さて、こんな時、皆さんはどうしますか? きっと、最善策を考えますよね? 誰の希望が一番、妥協してもらいやすいか。 誰の言うことが一番切実なのか。 一生懸命考えますよね? では、答えを発表します。 全員が納得する解決方法とは?! ----- 答え: 「三人で話し合ってどうするか決めてー」 で大人はノータッチ。 たいてい、これでなんとかなります。 大人が介入してなんとかしようとコントロールを始めると、 自分達で決めることを取り上げられた子どもは、 どんな回答にも満足しません。 嘘のような本当の話。 「決める権利は君たちにあるんだよ」 という姿勢でいると、なんとかかんとか、全員が概ね満足、という答えを出してきます。 のびるの人たちは、3歳がメイン。2歳も、まだちょっといるかな、ってところ。 「この人たちに、何かを考えて決めるとなんてことできっこない」 と、思い込んでいませんか? なんとか、良い方向に導いてあげなくちゃ、と思っていませんか? 子どもが望んでいるのは「正しい解決」ではなく「満足できる解決」です。 満足ポイントがどこにあるのかは、本人にしかわからない。 なので、答えは本人達に任せるが、ベストなのだと思うのです。 うまくいかなくて、グダグダになり、誰かが大泣きして終わることもあります。 もちろん、あります。そんなの当たり前。 まだたったの2、3年しか生きてないのだから。 だから、練習してもらう。 話し合って決める練習をしてもらう。 上手にできるには、練習が必要なのはなんだって同じですもんね。

くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。

不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。 面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。 気合い入れて聞きに来てください。

講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。

上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!

#のびる

  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now