• ぢーこ

乳幼児にルールを伝える時に気を付けたいこと①


子どもを育てるというのは、ただただ、かわいがるだけでは済まないのが大変なところ。

社会的動物である私たちは、子どもが社会に適応できるよう、いろんな場面で

「ここではこうするのがマナーなのよ」 「ここでは、これはしてはいけません」

といったルールを子どもに教える必要があります。

今回は、社会性を身に着けてもらうためのしつけについてのお話。

① 言葉の意味を伝えているか?

当たり前ですが、乳幼児は語学初心者です。

膨大な日本語のうち、知ってる単語の方が圧倒的に少ない存在です。

そんな人たちに向かって私たちは、当然知ってるでしょ?という態度で

「ほら、お片付けは?」 「順番まもってね」

なんてことを言ったりしますが、

はたして、その「OKATADUKE」や「JUNBAN」という音の意味することを、

子どもたちは理解しているのだろうか、というのが最初のステップです。

見えるものは伝えやすいですよね。

たとえば、りんごとか、くるまとか。

「これがりんごだよ」

と手に取って見せることができるから、

子どもも、見て、触って、においをかいで、食べて、と感覚を総動員して「RINGO」という音が意味するモノを理解することができます。

ところが、「順番」って手に取って「どうぞ」と渡せません。

見えないし、触れない。

これを理解してもらうのって、相当難しいです。

一番簡単なのは、視覚からの情報なので、しまじろうのDVDが流行るのはこういう理由からなのです。

例えばこれ。

しまじろうは、公園に遊びにやってきた。

目の前には滑り台。

つい、友達を押しのけそうになってしまうまじろうに、おかあさんが、

「しまじろう、おともだちは滑りたくて並んでいるのよ。じゅんばんよ」

と声をかけ、周りの友達もそろって

「じゅんばん、じゅんばん、じゅんばんばん♪」

と歌いだす。

すると、しまじろうも、つられて歌いながら、ニコニコと列の最後に並ぶ。

周りの友達もニコニコ笑って、平和に解決!

実際はそんなにうまくいくわけないじゃん、と思うんですが、

こどもには、「笑顔」を理解することはできるし、

笑顔を好ましいことだと理解しているんですね。

(そりゃそうですよね。険悪な雰囲気や、怖そうな雰囲気は察して泣きますものね)

なので、

「順番というものを守ると、みんな笑って、自分も楽しいらしい」

という事はわかる。

あとは、実体験です。

公園やこどもセンターに連れ出した時に、このしまじろうの順番を思い出せるようなシーンに出くわした時

「●●ちゃん、じゅんばんだよ」

と声をかけ、

「じゅんばん、じゅんばん、じゅんばんばん♪」

と歌ってあげればいいわけです。

そして、順番が守れたたら

「順番守れたねえ」

と飛び切りの笑顔でほめたたえる。

これで「順番」のインストールが完了です。

もちろん、一回じゃ上手くいかないだろうし、順番を守って褒められるよりも、

目の前のおもちゃをどうしても使いたいという気持ちが強ければ、順番は後回しになります。

でも、それでいいんです。

何でもかんでも、順番だよ、って言われたら譲らなくちゃいけないと学習するより、

自分の気持ちを優先させたい、

自分の気持ちを大事にしたいということだって、ものすごく大事な学習です。

大人になると、これが出来なくて苦労している人にたくさん会います。

だから、「順番」という言葉で抑え込むのでなく、

「順番を守った方が楽しいけど自分が譲れなかったら、譲らなくていいんだよ」

くらいの気持ちでいると、教える側もストレスが無くていいですよね。

順番の話だけに偏ってしまいましたが、片付け、モノを大事に、なども、非常にわかりにくい概念です。

具体的にどうすることが「片付け」なのか「大事にすること」なのか、

わかるように説明できなかったら、

子どもをしかるのではなく、伝えられない自分を反省しましょう。笑(耳痛)

長くなりそうなので、このシリーズ、数回に分けますね。

くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。

不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。 面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。 気合い入れて聞きに来てください。

講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。

上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!

#ABA #ぢーこのつぶやき

  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now