• ぢーこ

二学期のでびる始動!雨の金曜をいかにして過ごすか問題


隔週のお出かけ版のびるの活動「でびる」。(でかけるのびる、または、でかい子たちののびるの略。決して悪魔的集団ではないっすよ。)

二学期も始まりました。

今日は一日中雨の予報。

こういう時が一番困るのです。

ご飯を食べる時に屋根があって、しかも、無料で行けるところが限られる。

最初は、北の丘プールでみんなで泳ぎまくるというのがいいかなと思ったんですが、ただでさえ雨で合羽を着ての移動が多いのに、ライフジャケットもかあ。うーん。と悩みまして。 とりあえず、北公園に行くことにしました。

バスをおりたら、勝手知ったるOくんが、「こっちだよ」と先導してくれます。

やはりか!やはり君たちは、この寒いのに、水なのか?!

お風呂に入るのに服着たままじゃへんでしょ?というくらいの自然さで、止める間もなく、靴を脱ぎ、ズボンをめくって水にはいる人達。

しかし、めくったずぼんは、もう、全くめくった意味がなく、ものの数秒でずぶ濡れ。(笑)

ちょっとここから、怒涛の愚痴モードになりますが。

この公園の水場は、うちの子たちが小さいころは、オムツの取れていない乳幼児の格好の水遊び場だったのですが、今は、何がどうしてこうなったのか、あちこちに「水に入るな」だの「ここの水は飲めません」だの、書いてあるわけです。

おっかしーだろ。

最初の公園設計の段階では、ここ、遊び場じゃなかったの?

もっとおかしいのは、アスレチック遊具といかだが設置されていた池です。

遊具があったってことは、どう考えても遊び場だったはず。

なのに、今では遊具は撤去されて跡形もありません。立ち入り禁止とも書いてあったな。

今年の夏はけっこうな猛暑で、水が無いとやってられないと多くの親子が思ったはずなのに、

相模川ふれあい科学館も、建物前の池の水が抜いてあったり、団体での入場を制限されたりと、なんかすごーく感じ悪かったみたい。(池の水が無かったのは、ポンプの故障らしいので仕方ないとは思いますが。)

乳幼児連れの親子は、夏の遊び場に、ほんとに困ってます。だから、私が一回500円徴収するような遊びの群れをやってても、みんな来るんだろうし。

子育て支援を充実させたいなら、親子が水を求めてやってくるところを閉鎖して締め出さないでほしい。

有料にしてもいいので、解放してあげてほしい。

市がやるからには「水質が」とか「安全面が」とか、いろいろ気にしちゃうんだろうけれど、そんなの、「自己責任です」って言い放てばいいんです。

気にしない人だけやってきたらいいんです。

気にするやつは来るな、でいいんです。

海外の危険地帯にボランティアで向かった人たちが、ゲリラに掴まって命が危険にさらされていても「自己責任」と平気で言い放つくせに、公園の水がきったなくてお腹壊すくらいのことに、なんでびびるのか。

自己責任って言えばいいじゃんと思います。

クレーマーの言う事を何でもきいちゃうから、結局、当初狙ったサービスすらも出来なくなる。

何がしたくてこうしたのか。

じゃあ、その当初の目的を達成するためにはどうしたらいいのか。

そんな風に考えてほしかったなあと思います。

はい、愚痴終わり。

子どもたちが、禁止看板をものともせず、水しぶきを上げて走り回ってる横で、かずちゃんも、のんちゃんも一緒に水に入ってくれてますが、私は、通る人たちをチェックしながら、声掛けに忙しい。

三人組のおばさんが、ずーっとこっちを凝視して何か言ってるので、やばい、と思って駆けつける。

私「どうも―、お騒がせしてますー、すみませんー。」(できるだけにこやかに)

三婆「ここ、入っちゃだめなの、知ってる?しかも、こんな寒い日に?」

私「あー、ご心配おかけして申し訳ありません、自己責任でやってますってことで、公園の管理の方にもお話してありますのでー。(←大嘘。管理人さんがどこにいるのかも知らない。)」

三婆「あらそうなの。じゃあ、安心ね。」

何が安心なんだかこのチクリババアめ、と思いながら、へこへこ頭を下げるわけです。(笑)

イマドキ、子供のやりたいことをやらせたいと思うと、ついて歩く大人は、一般的な概念では「悪者」にならなくちゃ、やってられないんです。めっちゃストレス。

でも、私のやってること、ワルモノでしょうか?

これって、正しくないからやめなくちゃいけない事なんでしょうか?

あちこちで締め出されたら、抵抗もせずに、おとなしく、受け入れてくれる場所を探してさまようことが正しいんでしょうか。

あー、また愚痴になっちゃったよ。今日は、4組くらいにへこへこしたので、めっちゃムカついてるのです。

でも、子どもたちは楽しそうなので、こういう顔を見られると、へこへこのしがいもあるなあ、と思うわけですね。(笑)

そろそろお腹もすいたという声が聞こえたので、ようやく服を着替えて、お昼ご飯。

ああ、屋根があるって素晴らしい。

雨をよけてご飯食べられるって素晴らしい。

すべての公園に、子どもが10人座ってご飯を食べられるあずまやを作ってほしいと心から思います。

ごはんの後は、遊具でひと遊び。

高いところを渡っていくのって怖いと思うんだけど、みんなチャンレンジしたいんだよねー。

支えようかとお尻に手を添えると

「持たないで!」と怒られます。ごめんー。

この、がたがたの滑り台を逆から登るのも面白いらしい。

これも、足元が見えないから、ちょっと難しいかと思ったんだけど、けっこうみんな難なくクリアしていくのね。すごいなあ。

雨が降ってきたので、合羽を着て滑り台。 何もしなくても、ウォータースライダーだぜ!!

その後は、ちょっと公園の森を散策。水琴窟というのも見たよ。

しずかーーーにして、耳を澄ますと、キン コン キン と小さな素敵な音が聞こえるのです。

それから、濡れるのがもういやだーとなって、体育館の幼児室へ避難。

ここで一時間くらい遊びまくって、それから、またバスに乗って帰りました。

久しぶりのおでかけ、つかれただろうなー。

次は、再来週。今度こそ晴れて、誰にも怒られないところに行きたいです。

くっだらない日常のつぶやきやら、のびる、ちびたんのブログにならない記事は、Facebookの「外遊日和」のページで発信しております。

不定期に開催している講座の、最新の案内はこちらでお届けしています。 面白いことは面白いんですが、情報量が多くてアップアップするかも。 気合い入れて聞きに来てください。

講座の情報は、LINE@でも流しています。先行配信しているので、講座の定員に達する前にお申込みになれると思います。

上手く追加できないときは、LINE ID @rwk2597p を探して登録してください。どうぞよろしく!

#でびる #外遊日和

29回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now