• ぢーこ

今年度最後ののびるでした


来週卒会を控えたのびるさんたち、一年前はできなかったことが、みんなすいすいできるようになっていて、ずいぶんたくましくなりました。

今日はどこに行こうかなーと思ってたんだけど、やっぱり、春だし、最後はここだよな、と裏山に行くことに。

たけとんぼのわきの階段を上り、祠の神様にご挨拶して、梅の山に上がりました。

今年は寒かったので梅が遅いと言われていたけれど、ようやく咲きそろった梅の花のいい香りが山に漂っています。

何度も通ったところだけれど、広いから、ちょっと違う道を行くと、もうわからない。それがまた楽しいんですよねー。

迷ったかな、とドキドキしながら、先に行ったみんなの声を頼りに歩きます。

ついた。いつもの広場(^-^)

今日は春みたいだねえ。

花粉症の皆さんにはつらい季節だけれど、やっぱり花が咲き始めるとわくわくします。

もうじき谷戸にもタンポポが咲き乱れる春がきます。

鉄骨の一本橋登り。

2人はいつも一緒。小さいSちゃんが困っていると、大きなSちゃんが飛んできます。

うしろにぴったりくっついてたらこわくないでしょう? 小さなSちゃんは、大好きな大きなSちゃんのまねをして、ずいぶんいろんなことに挑戦するようになりました。

友達っていいなあ。

こちらは、廃材処理用に掘られた大きな穴に入って遊ぶ男の子たち。

ずるずる滑る崖をひもに掴まって登ります。

「これにつかまるんだー!」

と言って、昔は一緒にズルズル落ちてしまいそうでしたが、今では手慣れたものですね。

ごはんの後は、シノダケの藪探検。

あれれ?ここが、あの谷戸の畑ってことは、この辺に倒れた杉の一本橋があるはず・・・。

と、降りてみたら、ありました。一本橋。

一人ずつ座ってお尻でずりずり這っていったら、行けちゃった。

しばらく小川で遊び、また、藪を登って、リュックを置いたところまで戻りました。

最後くらいは、誰も泣かずに終われたらいいかなと思ってましたが、

一本橋が怖くて渡れなかったり、

崖が急すぎて登れなかったり、

靴に水が入ってびしょびしょで歩きたくなかったり、

いろんな理由で、泣きました。

でも、泣いても、怒っても、結局自分でやるしかないんだな、自分が頑張らないとできないんだな、とわかったみたいで、こどもたちは、泣きながら頑張り、最後はとても満足そうに笑っていました。

最後ののびるは、そんな1日でした。

#のびる

24回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now