• ぢーこ

ちびっこ探検隊 あの「魔の段丘崖」がお手軽に!


皆さんは、覚えているでしょうか、年末に初めてちびたんでお出かけした、「魔の段丘崖」こと「湧水広場」

立ち入り禁止&急斜面&真冬の水遊びという、三つの難関を超えて挑んだ、あの探検。

ちびたんの中で、「どのフィールドが一番きつかったか?」アンケートでダントツぶっちぎりの一位を獲得した、「未就園児をここに連れて行くなんて、気が狂ってるとしか思えない」とまで言われた、恐ろしいフィールド。

が、しかし!

今回は、えりちゃんが開拓してくれた、新しいルートのおかげで、この★★★★★(怖さ五つ星)のフィールドが、なんと、★☆☆☆☆(難易度1)の易しいフィールドに生まれ変わったのです。(と思うんです)

私は今回、後から来る人たちを待つ係になって探検隊を見送ったので、えりちゃんとその息子R率いる「ちびっこ探検隊」の模様をリアルタイムで目撃できなかったのですが、今回も母ちゃんたちからその探検の素晴らしいレポートが届いております。

では、超易しいフィールドに生まれ変わった「湧水広場」の探検の模様をお楽しみください。

トップバッターは、開拓者、えりちゃん!!

☆えりちゃん

今回は幼稚園が休園のため5歳のお兄ちゃんも参加。

朝から「今日はちびっこ探険隊~🎵」とヤル気マンマンでした(笑)

そしてのんびりコースにいざ出発!と言ったら「えー山がいいー!」と言われ、のんびりコースの案内役なのにどうしよう… ぢーこに相談したところ、行きはみんなでのんびりコースで行くことにしてもらい、帰りは各々好きなコースで。

息子Rはちびっこ探険隊隊長のように、ズンズン進んでいく! でも後ろが全然ついてきてない!笑

あー!あんなところにおもしろそうな木が! わー!これなんだー? と色んな所に目が行くよう声かけをして、木登りをしたり、木の実を見つけたり。 ドンドン進みたい兄を少しでも時間稼ぎできないかと母必死(笑)

そしてようやく前回の場所にたどり着いたところで案内の役目終了。

森から少し出ると、リュウノヒゲがたくさんあり、そこに実がたーくさん! 子どもたちは大喜びで集めます。

私は、これ食べられるのかなー?とGoogle先生に聞いてみると…なんと実ではなく、根っこに付いてる球根部分が食べられると! わぉ!こりゃ食べてみるしかない!

草を引っこ抜き土まみれの球根を指で拭き拭き。毒はないと書いてあったので、知らない物、みんなで食べれば怖くない!みんなに配る…笑

そしてみんなで食べる! ん!?一瞬甘い!! 野菜のヤーコンみたいな味と食感!土臭いけど!

その間 長男Rはあいちゃんを独り占めしてさらに奥の方へ探険に行ってたらしい。

ついていくと、今度はバラのトゲトゲ地帯へ迷い込み、着いた先にはバラの実が! あいちゃんがローズヒップティーはバラの実からできてるから、それかなー? と言ってたのでまたまたGoogle先生の出番。(私なんでもすぐ調べないと気になって気になって…。小さい頃は母とよく本で調べてたけど、便利な時代になりましたねー)

やはりバラの実は食べれる!(いや、ローズヒップティーに使う)ということで、実食! んー!甘い!…?けど渋い…!!

こーゆうのが楽しいんだよね、とりあえずみんなで食べてみる。周りも巻き込む(笑)

食べられるかちゃんと調べるけどね?

そしてR隊長が戻ってきたところでお昼を食べにみんなのところへ… のはずが、さほちゃんがやってきて、向こうは何があるのー?なんて言うもんだから、隊長が「案内してあげるー!」と…笑

Rはさほちゃんにお任せして(笑)私は次男Hとお昼ごはんに。

のんびりママたちとお話しながらおにぎりを頬張る。探険のあとのおにぎりっておいしいなー!

そのあとは川で水遊び。子どもたちびっちゃびちゃ。周りの大人も被害に合う…すみません(^^;;

さりちゃんからクルミがあるとの情報をもらい、 そろそろ帰りたかった私は、よし、次はクルミ探しだー! と子どもたちをそそのかし、帰路へ。 出入口付近の水辺ポイントでたくさんのクルミを拾い、大満足で帰りました✨

☆ぢーこ注 今回、ひろったクルミをそのまま生で食べたら、くるみアレルギーを発症した女の子がいて、肝を冷やしました。くちびるがはれ上がり、痛々しかった。

ピーナツアレルギーの17歳の女の子が、ピーナツバターサンドを食べた恋人とキスして亡くなった、というニュースもあったくらいだし、アレルギーって体質によっては、ほんの少量でも怖いんですよね。

たんぱく質を不活性化すれば多少まし、ということで火を通すことが推奨されますが、火を通せば大丈夫、というのものではなく、強度のアレルギーを持っている子は、食べてはダメなものは徹底して除去しないと命にかかわります。

お子さんが、何にアレルギーを持っているか、事前に把握していることは大事ですよね。

☆みやぞう

朝ゆっくり家を出たためのんびり気分で参加。

えりちゃんが見つけた、近道でみんなに合流。

丘の上から子供を見下ろしながら、参加者のママ達とのんびりおしゃべり楽しみました。

こんな感じでのんびり楽しめるちび探も楽しいけど、

次はより、ハード?チャレンジできる?ちび探をついつい期待ちゃうのはうちだけじゃないはず♡

☆ぢーこ注

こういう人を世間でなんというか。そう、「ドM」ですね。(笑)

ご自愛ください、みやぞう先生。

☆じゅりちゃん

木曜日、ありがとうございましたm(__)m✨

息子(もうじき三歳)と、初参加でした。

外遊び初心者な我々親子、楽な道を見つけてもらえていて、よかった~(゜ロ゜;✨(最後、ハードコースはこの4倍ハード、と聞いて思わず笑ってしまいました)感謝です\(^o^)/!

面白い木や痛い草や食べれる根や、みなさんが教えてくれたり、一緒に驚けたりでとても楽しく、例えば家族だけで遊ぶのとはひと味もふた味も違う幸せな時間だなーと思いました♪

息子は、急斜面を自分でおりる!大丈夫!と言いながら最後はだっこしてもらってたり、 母もこどもを助けようとして自分が転んでしまったりとなかなか不甲斐なかったですが(>_<;)、自然の空気や、舗装されてない道、わいわいの楽しさなどなどに、エネルギーをたくさんもらった嬉しい日でした\(^o^)/

息子も、川の水や土などに触れたり、木の実に夢中になったり楽しそうで◎ そして帰宅後は、こどももわたしも、よく寝ました…◎笑

次回は、 ・母も替え靴や着替え持っていこう ・おにぎりをもっと大きくしよう(息子いつもより食べました♪!…わたしの分まで…) と思いました(^ー^)

またぜひ、探険隊に入れてください ありがとうございましたm(__)m✨

☆あさみちゃん

初参加させて頂きありがとうございました☆ 娘、二人と一緒に楽しませて頂きました♪

着替えを沢山持ってお弁当、敷物、飲み物と完璧!といざ参加したのに母、革靴で行ったりと初心者丸出しでした 笑

せめてスニーカー!と突っ込みを頂き、色々とちび探先輩ママ達にアドバイス頂きました。 次回足元も探検用に!

色々教えてもらえたりするのも凄くありがたいし嬉しかったです♪楽な道のおかげで革靴でも楽しめました〜 ♡笑笑

上の娘は歩くのが好きでは無く直ぐ抱っことなるので、どーなるかなぁぁと様子も見たく参加したのですが、私の記憶では抱っこと言う言葉は無く

ゆっくり挑戦しながら前に進む姿やお友達にくるみを分けていたり成長をみせてくれました♪

娘自身も分けてもらえたりと子供同士で色々学べる環境に良いな、と♡

皆んなが居たから歩けただろうし、 魔の段丘崖の反応も見てみたいなと 笑笑

舗装されていない道を進むって普通に生活していたら味わえない、まさに探検でワクワクしますね〜時にヒヤヒヤだったり 。

普通にって言葉ばかり出てきますが、普通に公園に行っていたら先ず入らない所に進む皆様に思わず笑ってしまいました。

帰宅してからも充実感がとまらなかったです✨ ありがとうございました。

☆ももちゃん

ハードフィールド1位の段丘崖。

いよいよだー!と覚悟していただけにのんびりコースで肩透かしかなと思いきや、歩き始めて早々に出会った水ポイントで、靴のままバチャバチャ歩く娘を見て、ある意味ハードだなと確信。

更に進んだ水ポイントでは遂に1歳半の息子も冬の水遊びデビュー!どこに落ちてたかお菓子の袋を手に、がっつり沢に浸りながらぱちゃぱちゃと遊んでおりました。

水があったりぬかるみがあったり木登りしたり竜のひげの根を食べたりと、公園とは違い、そこに何があって何で遊べるかわからない、まさに探検をすることができて親子共にとてもワクワク充実した時間を過ごすことができました。

また、ご一緒したママさんに沢山助けてもらいまして、子ども達が団子になって山道を歩いているところに、さっと補助に入ってくれるママがいたり、

崖を登るのに何も言わずとも補助してくれるママがいたり、娘にクルミアレルギーが出てバタバタと帰る支度をしている中、そっと息子を見守ってくれるママがいたり、

皆さんのあたたかいフォローあって我が家は楽しく参加させてもらっているんだなとしみじみ感じております。

お風呂でおっきなバケツいっぱいの洗濯物とドロドロの靴洗いも探検ならでは!

今度はもっと着替えも変え靴も用意してハードコースに行きたいなと思っています♫

☆まみちゃん

今回は半分は、えりちゃんちの5歳のお兄ちゃんを先頭にくっついて行った探検隊という感じでした。

ぐんぐん山道を進む進む、木に登る登る、湿地帯をかき分けて進む進む(笑)気付けば姿が見えない(笑)小さい隊長さんでした。

そしてもう半分は1歳2ヶ月の次男にも合わせて、まったりと。

長男もまったりモードだったので。

1歳児さん、もう遊びたくて仕方ないので自由にさせると崖をお尻で滑ろうとしていました。

色々いつも果敢に挑戦しますが、崖は滑って降りられると思っているようですね。

なぜかいつも水をめがけて突進。水場で泥で生き生きと遊びます。同じ1歳のお友達と2人で謎の遊びをしていました(笑)

りゅうのひげの根っこの先の丸い部分が山の非常食で漢方としても使われ、食べられると発見したえりちゃん。ホント?と、かじってみたら、甘い!

他にもローズヒップに使われるというバラの実を食べてみたりもしました。新発見で面白かったです。

次回はぜひ探検コースを行きたいな!

☆ちょーさん

妻さりーと息子は2回目、ワタクシにとっては初の『魔の段丘崖』。

ロッククライミング経験も本格登山経験もゼロの小生がたどり着けるのか?と思ってビビってましたが、えりちゃん発見のらくらくコースで行きも帰りも無事生還。(内緒ですが、水辺で派手に転んでましたが、、、)

息子は、すぐに『抱っこ探検隊』になるのが得意ですが、探検開始早々は自ら「ぢーこさん、どこ?」と駆け出してぢーこさんに手を繋いでいただきココ1度来たことあるんだよーと得意げに歩いている小さな背中に頼もしさとオヤジの知らない息子が既にいるんだなぁと思いました:〉

貴重で珍しい自然のクルミの恩恵もいただき、帰宅後は晩飯と晩酌のお供にさせていただき圧倒的幸せを感じました:)

ちびたん3回目で全て初心者の僕ですが、ちびたんでは皆さん自分のお子さんだけではなく、みんなで場を作っていて気持ちが良いなといつも感じます。

次は行きも帰りもハードコースにチャレンジしようと思います:)

☆ちょーさんの奥さま、さりーちゃん

家族3人で参加しました。

息子と私は2回目の段丘崖。 初めての時は置いていかれないように必死で周りを見る余裕皆無でしたが、

今回は水場を楽しんだり、クルミを探したりと周りを見ながら以前よりリラックスして楽しむことができました。

いや、周りを見ながらと書きましたが、崖初体験の父ちゃんはいつのまにか転んで、泥だらけになっていて、顔から流血していたので、私が見ていたのはクルミだけだったのかもしれません(笑)

さて、前回も行った一本橋。

前は次々と子供達が渡る中、私にしがみついて見ているだけの息子だったのに、

今回は自分で父ちゃんの手をとって 「いっぽんばし、わたるんだー」 とチャレンジしていました。

父ちゃんにいいところ見せたかったのかな?

結局今回も最後まで渡れなかったけど、前より一歩前進の初心者探検隊員でした(^^)

ちなみに息子は探検の次の日も、 「とれーにんぐ、いっぽんばし」 と言いながら布団の少し膨らんだ部分を、そろりそろりと歩く謎の自主練をしていました。

はたしてこの自主練が身を結ぶ時は来るのか?! また参加させていただきます、ありがとうございました!

☆ぢーこ注 なかなか流血までしてくれる大人はいません。貴重です。ありがとうございます。(笑)

自主練もきっと近いうちに身を結ぶことでしょう。

☆まなちゃん

噂の魔の段丘崖 初参加!

公園内集合だけれども、出発後公園外に出て駐車場横の柵を乗り越えて公園内へ。 この時点で探検隊アッププンプン!笑。

往復共に

「いやいや、ここ道できてる?薄眼にすれば見えなくもないか?!いやいや。けもの道すらない気がします!」

っ的な所でよくこの道発見してくれました。笑。

帰りは母の選択100%でハードコースへ。

けもの道すらない場所を登る登る! いいですね!この心拍数が上がる感じ!

とても母は好きだけど、もし息子が流暢に喋れるなら多分『かーちゃん、勘弁してくれよ。俺まだ2歳だよ?!』っとクレームがついただろうな。笑。

そして遅れ気味な私達を他の人達が気にかけてくれて一緒に手をつなごう!っと子供の手を握ってくれて一緒に歩いてくれてホントいつもそういった暖かい気遣いに感謝です。

お昼寝がなくなってきていた息子車に乗った瞬間爆睡で母、心の中でガッツポーズ。 (こうやってすぐ寝てくれると体力限界まで遊んだゼィ!っとなんか子供の体力に勝った気がして嬉しいんですよね。私。)

18時まで寝て、また20時にすぐ寝てました。笑。

毎回そうですが、おにぎりをいつもの倍食べて、まさしくよく遊び、よく食べ、よく寝る!っという子供の理想な1日を過ごす事が今回も出来ました!

ありがとうございました♡

木曜日別件で月二回用事があり毎回出れないのがホント悔しいのですがまた楽しみにしています♡ 噂の魔の段丘崖参加できてホント嬉しかったです♫

☆ふーちゃん

やっと参加できました!

今日は幼稚園もお休みだったため 念願のお兄ちゃん(4歳)も参加できて本当に前日からワクワクがとまりませんでした。

のんびりコースと聞いたけど 足元がぬかるんでたり、水が流れていたり、娘を抱っこしながらバランス取りながら 滑って転ばないかヒヤヒヤでした。

息子は自然の中で自由気ままに バランス取りながら木を渡ったり、水に入ったり、森を探検したり。。

最後の方はずーっと集中して空き缶片手に水の中。

水を流してみたり、石でせき止めてみたり。凄い集中力。。

帰りは段丘崖を滑りそうになりながら帰りました。

本当、充実感でいっぱいです。

真っ黒に汚れた靴、服を見て「これこれ〜♡」と思いました。やっぱり子供はこんなくらい遊ばなきゃ!!泥んこになって夢中で遊ぶ子供の顔を見れて幸せでした。

どうでしょう。

難易度が下がりまくった感じが伝わったでしょうか?(笑)

帰りの段丘崖よじ登りコースは、あとからあいちゃんに

「ぢーこ、あれって、道を見失ってたでしょう?」

と指摘されましたが、さすがご明察です。その通りです。

こんな狭いとこなんだから、どうやったって絶対帰れるし、と思って適当に歩いておりました。

お付き合いくださった皆さん、どうもありがとう!

まあ、こんな風に適当に歩いていると、面白いところに行けるし、面白いものもみられるんです。

世の中ってそういう風にできてます。

気楽に参りましょう♪

#ちびっこ探検隊 #外遊日和

29回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now