• ぢーこ

のびる 三学期始動


長い冬休みを終えて、のびるさんたちが谷戸に戻ってきました。

ほぼ一カ月のお休み。 私の中では二学期の終わりの、素敵に育った群れのイメージが頑としてあるので、その延長で今日ののびるを考えてしまい、「これくらいだったらできそうかな」と思ってハードルを上げていました。

が、ちびさんの一カ月って、長いんだった。あらゆることがリセットされてても仕方ないのだった。

(余談ですが、うちの息子は三年生の時だったかな、夏休みが終わったら、一学期の最後に習った割り算の筆算の仕方を忘れていました。すごい!普段の生活に必要のない知識って、こんなに簡単に忘れてしまうことができるんだ、と感動した記憶があります。それくらい、ちびたちの一カ月って長いんですね)

で、私がいける!と思ったルートは、当然無理で、今日ののびるさんは、いつもの谷戸で冬の遊びを思い切り楽しんで帰ってきたのでした。

まずは駅の方に戻って、秘密の山道を歩いて、谷戸まで。

のびるのちびさんたちは、「こんにちは星人」なので知らない人に会うと、大きな声で「こんにちは!」とご挨拶をしてくれます。 山ですれ違った相原のおじさんは、こどもたちに囲まれて、「こんにちは責め」になって嬉しそうでした。(笑)

山を抜け、丸山団地を駆け下り、谷戸に到着して、みんなでご飯。

今日は日差しがあったから、風は冷たくてもそんなに寒くはなかったかな。

食べ終わった人たちから、自由に遊びの時間。

谷戸の川は北側の縁に添って流れているので、一日中山の影になり寒いのです。

どれくらい凍っているのかな、と楽しみにしていたら、あらまあ、なんと、こんな感じ!!

巨大氷の柱↑と、天然スケートリンク↓が出現していました。

すっごいよね。丸山団地の護岸壁の排水口から流れてきた水が凍って、その上にまた水が流れて、凍って、を繰り返し、こんな太い氷の柱ができてしまったのです!

もっと寒い冬もあったと思うんですが、私の記憶の中では、今回初めて見ました。立派だ!

これは、川の周りが面白そうだなと、川に沿って登っていくと、水の干上がった川底は巨大霜柱がざくざく!! 歩くとシャリシャリ音がして面白い。

どこまで行っても水が無い川を探検しつくして、お弁当を食べたところまで戻ろうとしていると、ふと目についたコンクリートブロック。

お!これは、さっきひろったクルミがたべられるんじゃない?

と思って、こどもたちを誘いました。

「ねえねえ、さっき、秘密の道の前で拾ったクルミ、割って食べない?」

「食べるー!」

そこで、ブロックを下に敷いて、大きな石でクルミを叩き割り、みんなで少しずつほじって食べました。

美味しいねえ。元気が出るねえ。

そうして、のびるさんたちは、数個のくるみを、ほじほじして、ちょっとずつ分け合い、無事に谷戸から帰ってきたのでありました。 寒い日には、寒い日の楽しみがあるのだし、友達と一緒にいると、寒いのも暑いのも楽しくなってくるから不思議。

#のびる #外遊日和

17回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now