• ぢーこ

のびる 冬の遊び場


まだまだ紅葉と、風に舞い散る落ち葉が美しい季節です。

のびるのフィールドである相原の里山も、落葉広葉樹の赤や黄色の葉っぱがとても綺麗!

そして、この時期からお楽しみがちょっとずつ変わってきます。

初夏から秋にかけては、里山で食べられるものを見つけて、みんなで食べたりすることが、楽しみの1つでした。

でも、ここから先、山に食べ物はありません。

なので、歩くこと、探検すること、純粋に遊ぶことが、のびるの楽しみになっていきます。

今日ののびるは、夏の間に篠竹が伸びて、ちょっと見、道がなくなってしまったように見えるところをたどって、冬の遊び場まで行きました。

この冬の遊び場は、冬しか行けません。 夏は、ヤブ蚊とマムシが心配で、入れない谷戸なのです。 なので、ここで遊べる季節が来るまでに、どれだけ子供たちが遊びの実力をあげているかが重要。 今年ものびるさんたちは、みんなよく歩くし、よく遊びます。^_^ 良きかな、良きかな。 

普段行かない、山奥へ。

「この棒で、イノシシが来たらやっつける!」

と張り切る男子たち。

明らかに藪が子供の背丈より高い!

もう、小さい人たちは、どこにいるのかもよくわからない。笑

みんな、知らないところなので慎重です。

普段なら、お腹すいたー!という声が聞こえる11:30。

そんな余裕もなくなるほど、集中していたからかな、12時すぎのお昼ご飯、みんな今日はよく食べてました!

食べ終わったら、さっそく、遊んじゃおう!

この谷戸は、普段から人けがあまりなく、どれだけ大騒ぎしても平気なのです!

アオキの木の下入り込み、お家ごっこ。

サメを焼いて振舞ってくれたり、アオキの実を取ってみたり。

倒木の橋を、ハイハイで渡れないか挑戦してみたり。

きのこトンネル(↓)を上ったりくぐったり。

たくさん遊んで、帰りも探検気分で戻って来たのでした。

谷戸で半年を過ごした子供達は、こんなところで遊ぶのも平気になって、もっともっとと探検を求めます。

二、三歳の小さな子供達に、藪漕ぎなんてできるの?

柔らかい肌が傷だらけになってかわいそう。

誰もいないところで、何かあったら?

心配のタネは尽きないかも知れないけれど、それはきっと、やったことがないからってだけなんです。

自然の中で遊ぶ子供たちが、

どんな風に目を輝かせているか、

どんな風に友達と笑いあっているのか、

どんな風に初めてのことを乗り越えているのか。

見ちゃったら、知っちゃったら、止めようとは思わないもの。^_^

#のびる #外遊日和

33回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now