• ぢーこ

のびる お山を越えてみた


今日ののびるは、こじんまりと7人。 ちょっとずつ、歩く距離を伸ばしてみたくて、たけとんぼから裏山を超えて谷戸に行くルートを選んでみました。

最年長かけちゃん。

一度行った道は、けっこう忘れないタイプ。谷戸周辺は、たいてい覚えている。

「今日は、お山の方から行きたいんだけど、かけちゃん、道を覚えてる?」

と聞いてみると、ちょっと考えて

「あいさつするところ?」

と。

あいさつ?ん?と思ってよく考えてみると、山の上には赤い屋根の小さい祠が一つあって、

何となく、通る前には、子ども達と一緒に

「通らせてくださいね」

とご挨拶していたのでした。かけちゃんは、それを覚えていたんだね。

「そう、そこ!!挨拶するところを通っていくの。道わかる?案内してくれる?」

というと、張り切って先頭を登って行ってくれました。

あまり人の通らないところなので、クモの巣が沢山はってます。

棒を持った男子たちは、何か仕事が無いと棒で戦いを始めるので

「蜘蛛の巣をやっつけてくれる?」

と頼みました。

こちらも最初は張り切ってましたが、大事な棒にクモの巣がついて汚れるのが嫌みたいで、残りは、全部私が取ることに。

大事な棒に、友達をつかまらせてあげて、引っ張りながら

「エスカレーターです、つかまってくださーい」

なんて言いながら、登っていく子ども達。

たった半年でずいぶん成長したなあと思います。

山道を降り、広場でむかごや、アケビを探してみました。

アケビは見つけられず、むかごはまだ小っちゃいのが少しだけ。

こどもたちは、持っていた棒で地面に線路を書いたり、バッタを探したり、好きなように遊んでいます。

谷戸の手前の公園でシーソーに乗ってみました。 3対3、奇跡的に釣り合ってしまいビックリ!

そのまま、谷戸の中段の階段にむかうべく、丸山団地の中を歩いて行くと、ゴルちゃんが帰ってきていました。

ゴルちゃん(写真のわんこ)のおうちは、この門柱のところにちょうどわんこが顔を出せるのぞき穴が作ってあって、のびるを始めたころ、いつも子どもたちと会いに行ってたのです。

遠くから見ると、この穴から体を乗り出してるゴルちゃんが「壁から生えているように見える」ので、「犬が生えているおうち」としてのびるの人たちの間では定着していたのでした。

新しいのびるっこたちも、ごるちゃんにご挨拶。よろしくね、ゴルちゃん。

お昼ご飯を倉庫の近くの日陰で食べていると、あいちゃんが

「あれ?これって柿の木だったんですね」と。

見ると、前後の二本が柿の木で実がなっていました。

頑張って柿をとってくれたあいちゃん。

ナイフでカットしてみんなに分けてくれました。

おいしいねえ、と食べてますが、後からあいちゃんがもらって一口食べたら、渋柿だったそうです。(笑)

熟してると一瞬甘いので、いけそうな気がするんですが、口の中はしぶーい。

でも、「柿には渋いのもある」って知ってるのは大事なこと。

スーパーの柿しか知らなかったら、世の中には美味しい柿しかないと思ってるってことだものね。

ごはんの後は、原っぱで虫取りしたい人たちと、暑いのが嫌で木陰にいたい私たちと別れて遊んでいたら、木陰組がどんどん山を登っていくので

「ンん?歩けるかな?」

とついて行ってみると、ひと山越えて歩けました。立派!

上の景色は、八王子みなみ野の町を見下ろせる谷戸の反対側の高台です。

高台から下って、谷間の道を抜けると、先週もむかごを探しに来た「野球場」に出ました。

「えー、ここがつながってたの?」

と驚く子供たち。

頭の中の地図がちょっとずつできてきたかなー。

球場から谷戸に戻って、虫取り組と合流、しばらく遊んで、たけとんぼにかえりました。

お帰り―。おやつが待ってるよー。(^-^)

#のびる #外遊日和

89回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now