• ぢーこ

歩く人たち〜のびるをつくるもの〜


二学期2回目ののびるが終わりました。

今日も体験の子が来てくれて、賑やかなのびる。

三年前、のびるを始めた頃は、女の子の参加率が高かったのですが、ここのところ、男の子が増えて「野生児の群れ」と歩いているようです。笑

のびるの子たちは、歩くのも走るのも飛ぶのも登るのも大好きで、ただ走ってるだけで、ワーワーハイテンションだし、誰か1人がどこかに登れば、みんな登るし、子どもの面白さを全開で感じさせてくれます。

さて、今日も蚊を避けて相原の町を歩く私たち。

よそ様のおたくの石垣で、ロッククライミングをし、確実にお尻が破れるザラザラの滑り台を滑り、下界を見下ろして寄り道しながらのお散歩です。

ほんとは、最初の目的地は相原中央公園だったんですが、暑さですぐにみんなの水筒から水が無くなっていき、これは、遠出は無理と判断して途中で変えました。

わりとテキトーなのびるです。

町の中にはなぜか、サメもいて、時々壁から顔を出して人を襲おうとします。笑

丸山団地の端っこにある日陰が多い公園に着いて、お昼ご飯。 

水道の水を仲良くごくごく。

「暑かったねー」

今日は、Oくんがリーダーになって、のびるはいつの間にか大家族になってました。 ここにいるのは、みんな「家族の人たち」なんだそうです。(^^) 


少し遊んでまたまた、谷戸へ。

谷戸には、バッタ、コオロギ、クモ、チョウチョといろんな生き物がたーくさんいて、子どもたちは大興奮!

虫が苦手だった子も、いつの間にか、掴み方を覚えて、バッタを持って得意げに歩いていました。

谷戸は今、秋のお花畑が満開!

綺麗なお花を見ながら、帰途についたのでした。

のびるは、秋口からよく歩くようになります。

なぜかというと、相原の谷戸はとにかく冬が寒いので、冬ののびるは歩いてカラダを温めないと、やってられないからなのです。

今日も3キロくらい歩いたのかな。

体験できていたお母さんから、こんな感想をいただきました(^^)

そうなんです。(^^)

仲間がいると、「えっ?!こんな小さい子にできるの?」ってことが、できちゃったりするんですよね。

もともと平均値よりワンパクな人たちが集まってる気はしますが、それでも、谷戸に来る前よりは格段に体力と「やってみたい」気持ちが育っているように思います。

のびるを作っているのは

「友達と一緒だと、なんでも楽しい!」

って気持ちじゃないかなー、と思ってます。


99回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now