• ぢーこ

のびる バスの旅に出る


谷戸保育のびる、というのが「のびる」の正式名称です。 相原の「かわらけ谷戸」を中心に遊び倒しているからなんですが、 このかわらけ谷戸、夏場には水が枯れ、こどもたちの大好きな水遊びができるところがありません。 そこで、おでかけができる体制が整ったら、子ども達と外へ飛び出そうと思っていました。

先週の川遊びは、その皮切りです。

電車で15分の移動ができた。じゃあ、次は?

そう、バスの旅です。公共のバスに乗って、30分の旅!

2,3歳児(今のところ、まだ2歳児の方が多いのではないかな)の集団なので、果たして保育者3名で見られるかしら?と不安を抱えていたところに、偶然やってきた女神さま、みわちゃん。

友達が主催してくれた、感覚統合の講座を聞きに来てくれてのびるに興味を持ってくれたのです。

渡りに船と、のびるが外に出かける時に付き添いをお願いしたら、快く引き受けてくれました。

やったー!

これで、のびるは、20代ぴっちぴちで経験豊富な保育士のあいちゃん、みわちゃん。

昨年ののびるっこの母ちゃんである、看護師の資格を持つゆりちゃん。

資格は無いけど、川遊びだけは得意だと思っているわたし、の四人。

けっこうな最強チームができあがりました。

さて、その四人が、8人のちびさんたちと初めてのバスの旅。

駅に集合してバスを待つ間も、うれしくてそわそわ。

小さなコミュニティバスの中では、自作の歌を歌ったりおしゃべりしたりとテンション高めな子ども達。 車窓に流れる風景を楽しみながら、にぎやかでした。

バス停を降りたら、ながーい階段を下って、目的地まで行きます。 あるけるかな、と心配もしていたんだけど、全然へっちゃらでした。

上から見る相模川の流れ。 山も迫っていてきれいです。

相模原って、ちょっと頑張れば山も川もあって、ほんとに素敵なところです。

水遊びは心を開放してくれますねー。 あさは、泣いてたこの子も、この通り。(^-^)

こどもって、水と棒は、必須アイテムなのかも。

こどもだけでの遊びの様子も増えてきて、そっと見ていると、なかなかかみ合わない面白い会話を交わしているのが観察できます。(笑) かみ合ってないんだけど、それでも、なんだか通じ合っているようで、仲がいい。 うまがあう、ってこんなちっちゃいうちからちゃんとあるんですね。

下の写真は、川の始まりを探しに来たところ。

公園内に作られた人工の川なので、始まりと終わりがあるんです。

ここは、はじまり。

こちらの写真は、男子四人の競演による「誰が一番変な登り方ができるか」コンテスト。(うそ)

大きい子がすることを真似して、小さい子もいろいろやってみるから、「ひとりでできた!」の経験もたくさんあるみたいです。

帰りは、遊びすぎてバスに間に合わないようだったので、母ちゃんたちにお迎えをお願いしてしまいました。

車中では、こんなふうにこてんと寝てしまう子ばっかりだったんじゃないかな。

そりゃそうよね、あれだけ遊んだんだもの。(^-^)

のびるのバス旅、大成功でした。

#外遊日和 #のびる

62回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now