• ぢーこ

谷戸保育のびる だんだん楽しくなってきた


すっかり更新をさぼっていました。

谷戸保育のびる、スタートから一カ月経過して、ちびさんたちの様子が面白いのでご紹介します。

初日にわんわん泣いていたちびっこたちは、あっという間になじんで、我が物顔で遊んでいます。

初日によくわからなくて、普段通りに過ごしていたちびっこは、ここにきて、ようやく「母ちゃんと離れて過ごさねばならぬこと」「母ちゃんほど、甘やかして、優しくして、助けてくれるひとはここにはいないこと」がわかってきたようで、葛藤が出てきています。

朝、行きたくないって言ってみたり、お別れがつらくて泣いてみたり。

今だけだな、すぐに楽しめるようになるな、ってわかっているので、あんまり気にしていませんが、まあ、泣かれるのはやっぱりうれしくはないので、つい、かまっちゃう。 これがよくないんだな、と思います。

『●●してー』と言われて、それを受け入れるのは、とっても大事なことだと思うけど、

何も言われないうちから、泣かれるのが嫌でご機嫌とりをしてしまうと、

ちびさんたちは、自分の気持ちを自分で収めるすべを学ぶことをせずに成長してしまう。

本来なら、自分の感情は、自分でなんとかするもので、

ほかの何に責任をとれなくても、自分の気持ちには責任をとれるようになるのが大人になるってことかなって思うので、

小っちゃいうちから、誰かにご機嫌をとってもらわないと自分で自分をご機嫌にできない人になってしまうのは、よくないな、と思います。

理屈はそうなんだけどもー。(^^;

いやーん、でも、かわいいしー。泣かせるより、笑っててほしいしー、と私も葛藤しながらののびるです。(笑)

なかなか理想どおりにはいきません。

ちび達の成長はあっという間で、大人が「こういうものだよ」という態度と気持ちを一貫させていると、「そうなのか」と受け入れていくのですが、

大人である私の方がなかなか「甘やかしたいおばあちゃん」の気持ちを捨てきれず、成長できません。

まー、それも含めてのびるは楽しい。

4月5月と、春の谷戸を堪能したら、そろそろ遠出してみたいなと思ってもいます。

あ、でも、さくらんぼと、ナツグミと、桑の実を食べてからですが。(笑)

#のびる #外遊日和

116回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now