• ぢーこ

相模原市立相武台保育園でお話しました


10月21日金曜日、先生方の勤務が終わった夕方六時から、自主研の講師として感覚統合のお話をさせていただきました。

お部屋は、普段子どもたちが使う保育室。

小っちゃい椅子やテーブルがかわいい。(^-^)

集まってくださった先生方は新卒採用からベテランまでの16名。

今日は感覚統合の入門ということで、

①感覚統合ってどういう理屈なの?

②その基礎になる大事な三つの感覚について 

を集中的にお話してきました。

講座の途中で、

「この感覚が入りづらい子には、こういう状態像がよく見られます」

というお話をしていると、何人もの先生が思い当たるようにうんうんとうなづかれていらっしゃいました。

小学校の一クラスに2,3人の割合で発達に問題を抱えたこどもたちがいる、という現状から考えると、気づいている先生がいらっしゃるのは当たり前ですが、

現場でどう寄り添えばいいのかわからずに困っている先生方に、一つでも持ち帰れる知識を届けられるようにと気持ちが引き締まりました。

お仕事の終わった後のお疲れモードで、ずっと座学はきついだろうなと思い、途中、皆さんに考えてもらったり、トランポリンを使って実際に感覚統合の理屈を体感してもらったりと、緩急つけてみましたが、

おかげさまで、終わった後に、今回の講座をコーディネイトしてくれた方から以下のようなメッセージがLINEに。

”今日はありがとうございました􀂍園長をはじめ、どの職員もすごくいい講座だったと言ってくれました。感覚統合を初めて耳にする若手職員もわかりやすかったです〜と言っていました‼️また来週からの保育が楽しみになりました。育休中の出会いがじーこのおかげで園に恩返しすることができ本当に感謝です。また機会がありましたらよろしくお願いいたしますm(__)mありがとうございました😊”

お役にたてたならうれしいです。こちらこそありがとうございました。

講座の中でもお話ししたのですが、私は今のところ

「他人は自分とは違う存在だ」

という事を、これほど腑に落とせる知識は、感覚統合以外にないんじゃないかと、思っています。

自分と違う存在にどれほど寄り添えるかは、その差異をはっきり認識しているからできることだと思います。

どうか、こどもに近いところで働くみなさんに、感覚統合の理屈がお役にたちますように。

#感覚統合 #講座報告

133回の閲覧
  • White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now