• White Instagram Icon

Facebook LINE@などでも

​フォローしてくださるとありがたいです。

Contact Us

Address

神奈川県相模原市緑区​橋本駅が最寄りです。

​活動報告&告知

January 14, 2020

その昔。

アルプスの少女ハイジのアニメをリアルタイムで見ていた頃のこと。

記憶にものすごく残っている話が一つあります。

それは、ハイジが、おじいさんの作る「ヤギの乳のチーズ作り」を手伝いたい、と言い出すところから始まるのです。

大鍋いっぱいの山羊の乳を火にかけ、混ぜる。

詳しくはわからないのだけれど、乳を温めながら混ぜて、全体を均一な温度まで上げてから、

発酵させるというようなステップなのだろうと思われます。

ハイジは、この大鍋いっぱいの乳が焦げ付かない様に混ぜる、ということをやりたいと立候補するわけです。

おじいさんは最初、一瞬、困惑の表情を見せます。

そりゃそうです。
おじいさんが飼っているヤギは二匹のみ。

そこから大鍋いっぱいの乳をとろうと思ったら...

December 11, 2019

週一回、野外保育をしています。
谷戸保育のびる、という名前。

最近、そののびるの母ちゃんたちの出産ラッシュが続いていました。

今、生後半年未満の赤ちゃんが三人いる状態です。

のびるは、10時スタート14時終わり。

母ちゃんたちは、子どもをお迎えに来たあと、しばらくこどもをたけとんぼの庭や室内で遊ばせてから帰るので、その時間は、私たちスタッフも赤ちゃんに触り放題です。

スタッフはみんな、自分の子どもはもう大きくなってしまっているので、ほやほやの赤ちゃんがかわいくて、ついついかまってまう。

今日は、母ちゃんが上の子に対応していて、手が回らず、ギャン泣きしていた女の子の赤ちゃんをしばらく抱かせてもらっていました。

昔から、泣いてる赤ちゃんを泣きやませる...

December 11, 2019


A.B.C三人の子供がいます。

①Aは、Bと手を繋ぎたい。私とも繋ぎたい。Cとは繋ぎたくない。

②Bは、Aと繋ぎたい。私とも繋ぎたい。Cとは繋いでも繋がなくてもどっちでもいい。

③CはAと繋ぎたい。Bとは繋ぎたくない。私とも繋ぎたい。

さて、三人の希望を叶えるにはどうすれば良いでしょう?

なお、私の手は二本しかないものとする。

-----

さて、こんな時、皆さんはどうしますか?

きっと、最善策を考えますよね?

誰の希望が一番、妥協してもらいやすいか。

誰の言うことが一番切実なのか。

一生懸命考えますよね?

では、答えを発表します。

全員が納得する解決方法とは?!

-----

答え:

「三人で話し合っ...

December 5, 2019

今日のちびっこ探検隊は、相模川の河原です。

今年は大きな台風が関東を直撃したので、あちこちで河川の氾濫による被害がありました。
幸い、相模川は堤防の中で納まってくれていたので浸水被害はなかったのですが、河原はさすがに凄いことになっていたようで、今回のちびたんは、自然の驚異をまざまざと見せつけられたちびたんでした。

 

まずは、こちらをご覧ください。

 この二枚は昨年、同じ河原で遊んだ時のものです。

シンボルツリー的な巨大樹が枝を広げていて、とっても登りやすい楽しいところだったのです。

それが、今回行ったら、こうなってました!

た、倒れとるがな。。。

周りの草や、バラ科の植物も巻き込んで、土壁のように根っこごと、倒れとるがな!

周りの木を見ると、枝...

December 4, 2019

外遊びに対するハードルが高い人たちへ、最初の一歩をどうやって踏み出してきたか、先輩母ちゃんたちのアドバイスです。

November 19, 2019

幼児を育てているお母さんを見ていると、時々、「せっかくだから問題」を知らずに損しているなあと思うことがある。

「せっかくだから問題」というのは私の造語なので、知らなくても当たり前なのだが、言われれば「ああ、あれか!」と誰もが思うに違いない。

おそらく、日本中のいろんなところで起きているので、目撃された方も多いと思う。

説明しよう!
「せっかくだから」問題とは?

子どもを喜ばせてあげたいと思って「せっかく」連れてきたのに、初めての場所に腰がひけて、まったく楽しそうでない我が子に苛立ち、
「せっかくだから、あなたもやりなさいよ」
と体験を強要しようとする行為のことだ。

例えば、初めての海水浴。波が怖くて海に入れない。
例えば、初めてのディスにーランド。思...

November 6, 2019

今日も楽しいのびるさん。^_^

のびるのフィールドになる谷戸には、入り口が二ヶ所ある。

狭い舗装路をまっすぐ行って、広くて丈夫な木の橋を渡って行くルートと、

急な階段を何段が降りて、この前の台風で一本材木を流されちゃった、お手製の今にも崩れそうな細い橋を渡り、畑の脇を通るルートと。

なぜかちびさんたちには、お手製の橋ルートが人気。

怖く無いのかなー?と思うんだけど、たいていの子はスタスタ歩いて渡る。

が、今日は、一人の子が橋の手前の階段のところで固まって泣いていた。

「ぢーこ、来てー!おてて繋いでー!」

ほとんどパニックで、誰の声も聞こえてない感じ。

自分の欲求だけに支配されている。

一緒についているスタッフがなだめてもおさまらず、ずっと泣いている。

「...